一人暮らし 引っ越し時の荷造り

荷造りをする前にまずはいらないものを処分しよう

一人暮らしの引っ越し時の荷造りについてお勧め引越し一括見積もりサービス

 

一人暮らしの引っ越しをする時、荷造りが面倒と感じることがあるでしょう。
ここでは一人暮らしの引っ越しの荷造りのコツについてまとめてみましょう。
一人暮らしをする場合、
ワンルームや1LDK、1Kサイズの家に住まれる方がほとんどでしょう。
それほど広くない場合、荷物を置くスペースも限られていますので、
荷物の量を減らした方が引っ越しの荷造りは断然楽になります。

 

荷造りをする前に、まずは必要な荷物なのかどうか確認をして、
いらないものは売ったり、譲ったり、処分したりするようにしましょう。

 

荷造りを始める前にまずは引っ越し業者選びをしよう

荷造りを始める前にまずは引っ越し業者選びをするのがよいでしょう。

引っ越しが決まったらまずは一番に引っ越し業者を選別するべきです。
引っ越しまでに時間があるから大丈夫と楽観的に考えていると、
引っ越しハイシーズンに引っ越しをする場合、
引越し業者に依頼をしても引っ越しを受け付けてくれない場合もあります。

また早期に申込みをしておけば早期割引などが適用される場合もあり、
安く引っ越しを行うことができるのです。

引っ越しまでに時間がなく、焦って業者を選んでしまうと、
相手の業者にも足元を見られてしまい、
引っ越し費用を高く見積もられてしまうこともあるのです。

 

まずは引っ越しが決まったら荷造りよりも引っ越し業者を選び、
そこから荷造りをするとよいでしょう。

 

初めて一人暮らしをする場合は本当に必要なものだけを荷造りしよう

一人暮らしの引っ越しを安くするためには、荷物量を減らすのが一番です。

荷物量が減れば、単身パックなど単身者用の引っ越しプランを
利用することもできますので、お得に引っ越しをすることができます。
そのためにある程度荷物量を減らす必要があります。

 

例えば大型家具や大型家電をたくさん持っている場合、
単身パックでの引っ越しは難しい場合もあります。
初めて一人暮らしをする場合には、
転居先で大型家具や家電などを購入するようにして、
自宅からは衣類など最低限だけのものを引っ越しすれば、
荷造り自体も簡単に済みますし、何より引越し費用を抑えることができるのでお得ですよ。

 

荷造りは普段あまり使わないものからしよう

荷造りをするポイントとしてはまずは
普段あまり使用しないものから始めるとよいでしょう。
毎日使用する家電や家具などは引っ越し直前までそのままにしておいてよいです。
こまごましたものなどはダンボールに入れてひとまとめにしておきましょう。
家電や家具について当日作業スタッフが梱包してくれますので
そのままにしておいて大丈夫です。

ただ冷蔵庫に関しては前日に電源を切って
水を抜いておく必要がありますので注意が必要です。

 

引っ越し当日から使用するものはわかりやすくまとめて梱包しよう

引っ越し当日に搬入をした後すぐに使用するものは
まとめてダンボールに梱包しておくと、荷解きをする時にも困らないでしょう。

 

またキッチンの荷物、トレイの荷物、リビングの荷物など分かりやすく
ダンボールに明記しておくと荷解きをする時に楽ですし、
引っ越し業者の作業スタッフも荷物の搬入がしやすいでしょう。

 

一人暮らしの場合は部屋がそれほどありませんが、
どこのダンボールに何の荷物が入っているのかをきちんとわかるようにしておくと、
必要なものから随時片付けることができるのできちんと書くようにしましょう。

 

一人暮らしの引っ越し時の荷造りについてお勧め引越し一括見積もりサービス

 

梱包資材などは事前に準備しよう

引っ越しプランや選んだ引っ越し業者によってはダンボールやガムテープ、
緩衝剤などの梱包資材を準備してくれない場合もあります。

自分で用意する場合には、荷造りを始める前にきちんと購入するなり、
もらうなりしておかないと困りますので注意が必要ですよ。

 

まずは引っ越し見積り無料一括請求サイトを利用してみよう

一人暮らしの単身引っ越しをするのであれば
まずは引っ越し見積り無料一括請求サイトを利用してみましょう。
引っ越し見積り無料一括請求サイトは1回請求すると
10社の引っ越し業者から見積りを請求することができます。

 

見積りを請求するとどこの引っ越し業者が安いか高いかがよくわかりますので、
その中から2〜3社をピックアップして訪問査定を申し込みましょう。
訪問査定をしてもらうと、荷物量などを正確にチェックしてもらえるので
引っ越し料金がはっきりとわかります。

 

訪問査定をする日時を他の引越し業者と合わせれば
そこで相見積をとることもできますので、自然と価格交渉を行うことができます。
たいていの引越し業者は他の業者に負けまいと、
はじめに提示した見積額よりも安く提示してくれることが多いです。

 

またサービスで特典を付けてくれることもありますので
まずは引っ越し見積り無料一括請求サイトを利用して、
訪問見積をするという流れが一番よいでしょう。

時間がない場合でも引っ越し見積り無料一括請求サイトでは
すぐに対応してくれますのでまずは登録してみて下さい。

 

一人暮らしの引っ越し時の荷造りについて お勧め引越し一括見積もりサービス

引越し侍


お勧め その1 まずはここから

 

テレビCMなどでもお馴染みの引越し侍

絶対に外せない一括見積もりサイト

 

簡単に一括見積もりができて全国160社もの

提携企業の中から最安値を探せます。

 

引越し価格ガイド


お勧め その2 ここも抑えよう

 

見積もり比較で最大50%

安くなることもある引越し価格ガイド

 

引越し価格ガイドはキャンペー中の優良企業に出会えれば

驚くほど安い金額で引越しができることも

 

LIFULL 引越し


お勧め その3 ここも忘れずに

 

自の割引サービスのある

LIFULL 引越し

 

3つのポイントを抑えるだけで最大50%オフになることも

全国130社の中からピッタリの業者がみつかるはず。