一人暮らしの引越し 電気、ガス、水道の開通手続き

電気、ガス、水道の開通手続きは誰がするの?

一人暮らしの引越しで電気、ガス、水道の開通手続きはどうすればよいの?!お勧め引越し一括見積もりサービス

 

一人暮らしを始めるにあたり、ガス、水道、電気など生活に必要な手続きを
しなければなりません。
ここでは一人暮らしでの電気、ガス、水道などのライフラインの
開通方法について考えてみましょう。

 

一人暮らしを始めるにあたり、引越し手続きなどで忙しくなります。
一人暮らしを始めるにあたってライフラインである水道、ガス、電気の開通は非常に重要になってきます。

電気、ガス、水道の開通手続きは
不動産会社が代理で行ってくれる場合もあります。

この場合には不動産屋さんから渡された必要書類に記入するだけでOKです。
自分で手続きをする場合には、自分で調べた方法、
もしくは不動産屋さんから教えてもらった連絡先に電話すれば特に手続きで難しいことはありません。

 

電気の手続きについて

電気の利用開始手続きは入居日が決まったら、電力会社に連絡をしましょう。
電話やインターネットでの申し込みが可能ですので、特に難しいことはありません。
新居の住所と入居日を言えるようにメモしておきましょう。

 

また口座振替やクレジットカードでの支払いの方が便利ですので、
必要であればそれらの手続きも併せて行うとよいでしょう。
口座やクレジットカードの情報登録手続きは、振込が必要になることもありますが、
送られてきた振込用紙を使用してコンビニや銀行で支払うことになります。

 

一人暮らしの引越しで電気、ガス、水道の開通手続きはどうすればよいの?!お勧め引越し一括見積もりサービス

 

水道の手続きについて

水道の利用手続きに関しても電気の手続きと同じく、
不動産会社が代理で行ってくれることもあります。
自分で手続きをする場合には、指定された地域の水道課の電話番号に、
新住所と入居日、そして名前を伝えます。

 

事前に水道の開通の手続きをしておけば入居後すぐに使うことができますが、
元栓が閉まっている場合には水が出ませんので、注意してください。

また入居後すぐの水道管は汚れている場合があるので、
最初は水を流してから使い始めるとよいでしょう。

 

ガス利用の手続きについて

電気と水道に関しては事前に入居日を知らせておけば
その日から使用することができますが、

ガスに関しては当日の立ち合いが必要になります。
不動産会社から聞いたガス会社の連絡先に入居日を連絡しておけば、
入居日にガス会社の方が来てくれ立ち合いをしてからガスが開通されます。
入居日以外を立ち合いの日として指定する場合には、
自分が立ち会える時間を指定するようにしましょう。
開通だけではなく、各種点検なども一緒にしてもらえますし、署名も必要になってきます。

 

一人暮らしの引越しの電気、ガス、水道の開通手続きとは?お勧め一括見積もり

引越し侍


お勧め その1 まずはここから

 

テレビCMなどでもお馴染みの引越し侍

絶対に外せない一括見積もりサイト

 

簡単に一括見積もりができて全国160社もの

提携企業の中から最安値を探せます。

 

引越し価格ガイド


お勧め その2 ここも抑えよう

 

見積もり比較で最大50%

安くなることもある引越し価格ガイド

 

引越し価格ガイドはキャンペー中の優良企業に出会えれば

驚くほど安い金額で引越しができることも

 

LIFULL 引越し


お勧め その3 ここも忘れずに

 

自の割引サービスのある

LIFULL 引越し

 

3つのポイントを抑えるだけで最大50%オフになることも

全国130社の中からピッタリの業者がみつかるはず。